kingbestsoft,Office,winodws超激安な価格で販売しています。

弊店kingbestsoft、office,windows。ご購入した正規品をネット最安値で販売しています!http://www.kingbestsoft.com/

これにより、仕様変更や新機能のリクエストができなくなっているのはもちろんのこと、新たなセキュリティ更新プログラムも配布されなくなりkingbestsoft 、日本マイクロソフトが提供している無償/有償サポートも全て受けられなくなる。状況としては2014年に4月8日にサポート終了したWindows XPと同じだ。

 Windows Vista登場時、快適動作に必要なハードウェアのハードルが比較的高かったこともあって、一般世間からの評価はさほど良くなかったが、そのおかげでメモリ(DRAM)価格が一気に下落し、マルチコアCPUやSSD、GPGPUといったハードウェア技術が一気に躍進を始めたのは、記憶に新しいところだ。

 ただ、Vistaが販売開始されてからは、Windows XPを搭載した“ネットブック”が流行し続け、それから約3年後に改良版となるWindows 7が大きくOS乗り換えに貢献したこともあってkingbestsoft 、現段階のVistaの稼働率はさほど高くない。

再起動のタイミングを設定しおこう

 アップデート前に注意しておきたいのが、アップデート後に行われる再起動だ。Windows Updateでは、アップデート後に再起動が始まってしまうことがよく問題になる。特にCreators Updateのような大型アップデートでは、再起動が始まってからWindowsが再び使用できる状態になるまで長い時間がかかるkingbestsoft。その間はパソコンが使えない。何か作業中に再起動が始まって作業を中断されてしまっては困るだろう。

 あらかじめ、Windows Updateにある「アクティブ時間の変更」で、再起動しては困る時間帯を設定しておこう。アクティブ時間とは、自分がそのパソコンを使っている時間のこと。ここでその時間帯を指定しておくと、再起動はそれ以外の時間に行われるので、作業中に突然再起動が始まったなどの悲劇を防げる。「再起動のオプション」で、再起動の日時を指定することもできる。





Creators Updateに手動でアップデートする方法

 実は、11日のアップデート開始前から手動でアップデートする手段が用意されている。アップデートアシスタント(Windows 10更新アシスタント)というアプリを使う方法だ。

 昨年夏のWindows 10無料アップデートの時に提供されていたアップデートアシスタントに似たアプリで、4月5日から提供されている。「設定」にある「更新とセキュリティ」からアクセスして実行すると、手動でCreators Updateにアップデートできる

 この方法でのアップデートは、少しでも早くアップデートしたい人、何かトラブルが起きても自力で対処できるという人向きだkingbestsoft。一般のユーザーは、Windows Updateでのアップデートを待つ方が安心だろう。自分のパソコンにアップデートの順番が回ってくる頃には、アップデートに関する様々な情報が出そろってトラブルが起きても対処しやすくなっているはずだ。

米Microsoft Corporationは29日(現地時間、以下同)、公式ブログ“Windows Experience Blog”で、「Windows 10」の次期大型アップデート「Windows 10 Creators Update」を4月11日にリリースすることを明らかにした。

 「Windows 10」の次期大型アップデートである「Windows 10 Creators Update(バージョン1703)」は4月11日から順次開始されるがkingbestsoft、第1段階の配布対象は新しいデバイス、特にOEMハードウェアパートナーと共にテストされたデバイスに限られるようだ。しかしそれとは別に、ツールを用いた手動アップデートが上級ユーザー向けに提供される。この方法ならば、4月11日の提供開始に先立ち「Windows 10 Creators Update」を手に入れることができるという。

 また、ゲーム機能の強化も図られている。特にライブストリーミングサービス“Beam”が統合されたのは大きな変更で、誰もがゲームのプレイ動画を配信し、一緒にゲームを楽しめるようになる。


 なお、モバイルへの「Windows 10 Creators Update」配布もPCと同様段階的に行われるが、公開は少し遅れて4月25日になる予定だ。

このページのトップヘ