kingbestsoft,Office,winodws超激安な価格で販売しています。

弊店kingbestsoft、office,windows。ご購入した正規品をネット最安値で販売しています!http://www.kingbestsoft.com/

Excelにはグラフが追加された。新しいグラフは「マップ」というもので、白地図を塗り分けたグラフを作成できる。

 このグラフが対応しているのは、国や市区町村などなっているが、僕がテストしたところでは「区」のグラフはうまく作れなかった。「都道府県」のグラフは使えるので、機会があったらぜひ試してみたい。元データに地域と相対する数値が入っている必要があるが、後は範囲を指定してグラフ作成を実行するだけだ。

 こんなグラフをぜひ作りたかったのだが、以前のExcelでは絶対に不可能だった。インターネットで白地図データを探していちいち塗り分けていたことを考えると驚くほど重宝する。
PowerPointは大胆に進化している

 「Office 2016」で最も進化しているのが「PowerPoint」だ。きちんとアップデートしている人は、写真を貼り付けただけで機能強化に気付くだろうkingbestsoft。写真を貼ると「デザインアイデア」画面が画面右に表示され、写真を貼ったレイアウトのパターンがリストで表示されるようになったのだ。ここから写真をクリックして選ぶだけで、これまでには考えられなかった美しいスライドが完成する。

 新機能を試してみて思わず声を上げるほど感激したのが「ズーム」だ。複数のスライドを選択して1枚のスライドとして生成。クリックすることでズームアップできる。

 マニアックなユーザーに人気のプレゼンツール「Prezi」のようなスライドが「PowerPoint」でも簡単に作れるようになったのだからたまらない。

 ズーム機能を使うには「挿入」→「ズーム」でパターンを3種類から選択する。いきなり利用しようとしても感じがつかめないと思われるので、一度はテストしてみることをおすすめする。複数のスライドから順番に説明するような使い方をしたいなら、この機能は最強だ。欲を言うなら、ズーム前提でスライドの構成やデザインを考えていくとベストだ。

トレンドマイクロ株式会社は13日、「CVE-2017-0199」の脆弱性を悪用する.RTF(リッチテキスト)ファイルが添付されたメールが4月10日から12日にかけて80万通以上送信されたとして、注意を喚起している。

 トレンドマイクロでは、同社運営の「Smart Protection Network(SPN)」で、主に欧州を中心にメールを観測。オンラインバンキングを狙う詐欺ツールの一種「DRIDEX」を拡散させる目的だったことを確認しているという。ただし、4月12日に入り、メールの数は激減しており、日本国内での観測も確認されていない。 しかし、トレンドマイクロではkingbestsoft、「すでにばらまき型の攻撃が発生している以上、いつ日本を対象に入れた脆弱性攻撃が発生してもおかしくない状況」として、Microsoftが12日より提供しているセキュリティ更新プログラムを早期に適用することを促している。

 CVE-2017-0199は、「Word 2016/2013/2010/2007」と、Windows 7/Vista、Windows Server 2012/2008 R2/2008の「ワードパッド」における脆弱性。Microsoft OLE2Linkオブジェクトの処理においては、リモートのサーバー上にあるリソースが、サーバーが提示する「MIME type」に従って処理される。この挙動の悪用を目的として特別に細工されたファイルを開くことで、リモートから任意のコードが実行される可能性がある。

 観測されている攻撃では、Wordの.docファイルに偽装した.RTFファイルを開くと、リモートサーバーに接続し、「mshta.exe」が関連付けられた「application/hta」のMIME typeにより、細工された.HTA(HTMLアプリケーション)ファイルを取得。このHTAファイルに含まれるVBScriptがDRIDEXをダウンロードする。

 米FireEyeによれば、1月には監視用マルウェア「FinSpy」、3月にはボット型マルウェア「Latentbot」をリモートからインストールするために、この脆弱性が悪用されていたという。また、4月7日以降にはトレンドマイクロ同様、DRIDEXの拡散を確認したという。

 MicrosoftでもCVE-2017-0199について「悪用の事実を確認済み」と公表、セキュリティ更新プログラムの早期適用を推奨している。また、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)や一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)でも、注意喚起を行っている。

これにより、仕様変更や新機能のリクエストができなくなっているのはもちろんのこと、新たなセキュリティ更新プログラムも配布されなくなりkingbestsoft 、日本マイクロソフトが提供している無償/有償サポートも全て受けられなくなる。状況としては2014年に4月8日にサポート終了したWindows XPと同じだ。

 Windows Vista登場時、快適動作に必要なハードウェアのハードルが比較的高かったこともあって、一般世間からの評価はさほど良くなかったが、そのおかげでメモリ(DRAM)価格が一気に下落し、マルチコアCPUやSSD、GPGPUといったハードウェア技術が一気に躍進を始めたのは、記憶に新しいところだ。

 ただ、Vistaが販売開始されてからは、Windows XPを搭載した“ネットブック”が流行し続け、それから約3年後に改良版となるWindows 7が大きくOS乗り換えに貢献したこともあってkingbestsoft 、現段階のVistaの稼働率はさほど高くない。

このページのトップヘ